貴社に最適な多言語サイト制作・運用代行会社をご紹介します。



ご依頼内容 *


お急ぎの方はこちら

「海外出張しにくくなったので、
ウェブサイトで情報を世界に発信したい」

「インバウンドのお客様が減ったので、
越境ECで海外に販売したい」


そういう時は多言語サイトです。
英語や中国語で情報を発信したり商品を紹介すれば、
新しいチャンスも生まれます。

しかし多言語サイトは一筋縄ではいきません。
ターゲット層に合った翻訳、デザイン、機能など、
考えることがたくさんあります。
また、広告の出稿管理など運用面も検討しなくてはいけません。


「意外と高くついた」
「効果がない」
となってしまう場合もあります。

効率的に多言語サイトを制作・運用して、
変革の時代を乗り越えましょう!

効率的に多言語サイトを制作・運用して、
    変革の時代を乗り越えましょう! 

私は、新卒で勤務した家電メーカーの工場や、独立後に取り組んだホームページ制作事業で、一貫してコストパフォーマンスを追求してきました。

何事も、高かろう良かろうでもダメだし、安かろう悪かろうでもダメ。より良いものをより安く。これが私の信念であり、当社が目指すところです。

ウィズコロナが長引きそうな今、多言語サイトで海外とのつながりを継続しよう、深めようという動きが出てきています。しかし、多言語サイトを作るというのは簡単ではありません。

無駄がないサイトを作って、うまく運用するためには、発注先選びが最も重要です。

そこで、貴社に相応しい制作会社や運用代行会社を、当社が厳選してご紹介します。


限られた予算を有効に使って、
ウィズコロナ時代を乗り切りましょう!


「購買部長」の中島でした。

コスパを追求

コスパを追求

ウェブサイトを企画する際に「せっかくだから、あれも、これも」と、余計な機能を加えたり、割高な広告を出稿してしまいがちです。購買部長では、貴社のニーズを伺った上で、最もコスパが高い方法を提案いたします。

制作・運用代行会社を厳選

制作・運用代行会社を厳選

たとえば中国向けサイトでは「日本からはきちんと見えているのに、中国のお客様から『サイトが見えない』と言われる」ということがよくあります。購買部長では、貴社のニーズに合った経験豊富な会社をご紹介します。

きめ細かなフォロー体制

きめ細かなフォロー体制

制作や運用代行を発注した後に、サービス内容に不満が生じることもあります。購買部長では、貴社に代わって制作・運用会社にクレームや改善要求を申し入れます。

コスパを追求

コスパを追求

ウェブサイトを企画する際に「せっかくだから、あれも、これも」と、余計な機能を加えたり、割高な広告を出稿してしまいがちです。購買部長では、貴社のニーズを伺った上で、最もコスパが高い方法を提案いたします。

制作・運用代行会社を厳選

制作・運用代行会社を厳選

たとえば中国向けサイトでは「日本からはきちんと見えているのに、中国のお客様から『サイトが見えない』と言われる」ということがよくあります。購買部長では、貴社のニーズに合った経験豊富な会社をご紹介します。

きめ細かなフォロー体制

きめ細かなフォロー体制

制作や運用代行を発注した後に、サービス内容に不満が生じることもあります。購買部長では、貴社に代わって制作・運用会社にクレームや改善要求を申し入れます。

よくあるお客様のご質問
A: いえ、ユーザー様から利用料はいただいておりません。発注先探しからご発注まで、すべて無料でご利用いただけます。
A: 案件に応じて、3社から5社を紹介させていただきます。ただし、特殊な案件だと1〜2社のご紹介となる場合もあります。
A: ターゲットや訴求ポイント、ご予算などを先に決めてから探された方が効率的です。詳細が決まっていないようでしたら、ご連絡いただければアドバイスさせていただきます。
A: いえ、まずは当社が電話かメールで貴社のご要望を伺います。それから、当社が作業項目を整理して、制作会社や運用代行会社に見積書作成を依頼します。見積書は当社がいったんまとめて、貴社にお送りします。
A: 見積書が到着した後は、制作会社や運用代行会社に直接ご連絡いただけます。その前に確認したい等の事項がありましたら、当社が伺います。
A: ご要望に合わない場合は、当社にご連絡いただければ、当社から制作会社や運用代行会社にお断りの連絡を入れさせていただきます。
A: 当社自身、過去に多数のホームページを制作・運用代行し、その一部を他の制作・運用代行会社に外注していました。これらの経験から発注者様のご都合も制作・運用代行会社側のご都合もよく理解しているので、双方に無駄な時間をかけないように、精度の高いマッチングをしております。
A: 貴社が企画されているホームページの制作や運用代行の経験が豊富な会社をご紹介することです。たとえば、アジア向けに化粧品を販売するホームページの場合だと、化粧品というジャンル、ECというシステムに詳しいことが最低条件です。さらに、ターゲット国の輸入規制や関税、ターゲット層の嗜好に関する知識もあると、お薦めしやすくなります。
A: すべての制作・運用代行会社は、当社が面談した上で『購買部長』に参加していただいております。案件による向き不向きはありますが、すべて信頼できる会社です。それでも発注後に何か問題がありましたら、当社にご連絡ください。解決のサポートをさせていただきます。
A: 海外のECプラットフォームへの出店や運用代行の経験が豊富な会社を紹介いたします。
A: アジア全般に詳しい会社もありますし、特定の国に詳しい会社もあります。ご要望に合わせて紹介いたします。
A: 運用代行会社自身が対応する場合と、コールセンターなどに再外注する場合があります。ご要望に合わせて紹介いたします。
A: 既存のホテル予約管理システム(PMS)を活用して廉価でホームページ を制作できる会社を紹介いたします。
A: WordPress などのコンテンツ管理システム(CMS)を使えば、貴社ご自身で自由に情報を発信できます。このようなホームページの制作経験が豊富な会社を紹介いたします。
A: ビジュアル面に強い制作会社を紹介いたします。そういう会社は、社内に優秀なクリエーターがいたり、社外の優秀なクリエーターと連携して仕事をしています。それでもテイストが合わない場合は、担当者を替えてもらうよう依頼してもいいですし、貴社で探して別途発注し、写真やイラストを制作会社に支給するようにしてもいいです。
A: 動画に強い制作会社を紹介します。貴社で撮影した動画を素材として支給して、編集だけを依頼できます。
A: 中国に強い制作会社であれば、中国のサーバーも手配してくれます。ただし、中国のサーバーを使うためには、貴社の中国現地法人があることが条件です。現地法人がない場合は、中国のサーバーは使えません。
A: 中国に強い制作会社を紹介します。文字化けするとか、画面が表示されるのが遅いということであれば、修正できる可能性は高いです。修正できれば、日本のサーバーに置いていたとしても、中国からストレスなく見えるようになります。

多言語サイト発注ガイド